キッズスマホ

ソフトバンクの「みんな家族割+」の落とし穴!5つのデメリットを徹底解説

ソフトバンクの「みんな家族割+」

ソフトバンクの「みんな家族割+」は、家族でまとめてソフトバンクを使えば毎月のスマホ代が割引されるサービスです。

条件を満たせば1回線あたり最大2,000円もスマホ代が割引され、しかもドコモやauの家族割に比べて割引金額が大きいことが特徴です。

ですが、一見すると非常にお得な内容に見える「みんな家族割+」には思いがけない落とし穴ともいえる5つのデメリットが存在します。

せっかく家族でまとめてソフトバンクにするなら、家族割を上手に使って1円でも多くスマホ代を節約したいですよね。

そこでこの記事では、ソフトバンクの「みんな家族割+」を使う上で必ず覚えておいてほしい5つのデメリットについて解説していきます。

この記事を見ると、みんな家族割+を上手に使って賢くスマホ代を節約できるようになるので、ぜひ最後までご覧ください。

みんな家族割+はスマホ代が最大2,000円も安くなる割引サービス

はじめに、ソフトバンクの「みんな家族割+」の概要からご紹介します。

みんな家族割+は、家族内でソフトバンクを使う人が2人以上いれば、回線数に応じた金額がそれぞれのスマホ代から割引されるサービスです。

回線数に応じた割引金額は以下のとおりです。

ソフトバンク回線数 割引金額
1回線 0円
2回線 500円
3回線 1,500円
4回線〜 2,000円

参照:みんな家族割+|ソフトバンク

ご覧のとおり、4人(回線)以上でソフトバンクを使っていれば、それぞれの回線から毎月2,000円の割引が適用されます。

ソフトバンクを使い続ける限り永久に割引が続くので、毎年最大で24,000円もスマホ代を節約できる計算です。

適用条件を満たせば自動的にみんな家族割+が適用されて申し込みは不要

みんな家族割+は、以下の適用条件を満たせば自動的に割引が適用されます。

・みんな家族割+の適用条件
・割引対象の料金プランを契約すること
・メリハリプラン(データプランメリハリ)
・ウルトラギガモンスター+(データプラン50GB+、データ定額50GBプラス)
・ウルトラギガモンスター(データ定額50GB)
・「家族割引」の加入手続きをおこなうこと
・「家族割引」グループ内にカウント対象の料金プランを契約する回線が2回線以上あること
・メリハリプラン(データプランメリハリ)
・ミニフィットプラン(データプランミニフィット)
・ウルトラギガモンスター+(データプラン50GB+、データ定額50GBプラス)
・ウルトラギガモンスター(データ定額50GB)
・ミニモンスター(データプランミニ、データ定額ミニモンスター)
・スマホデビュープラン(データ定額スマホデビュー)
・上記以外の旧プラン(データプラン1GB(スマホ)、データプラン1GB(ケータイ)、データプラン100MB)

参照:みんな家族割+|ソフトバンク

みんな家族割+で割引されるのはソフトバンクの大容量プランを使う人だけ

みんな家族割+を適用するためには「割引対象の料金プラン」と「カウント対象の料金プラン」の2つを理解しておかなければなりません。

「割引対象の料金プラン」は、その名前のとおり割引が適用される料金プランのことで、メリハリプランやウルトラギガモンスター+などの大容量プランが該当します。

一方の「カウント対象の料金プラン」は、家族内の回線数には数えられるものの割引は適用されない料金プランのことです。

割引対象の料金プラン カウント対象の料金プラン
  • メリハリプラン
  • ウルトラギガモンスター+
  • ウルトラギガモンスター
  • メリハリプラン
  • ミニフィットプラン
  • ウルトラギガモンスター+
  • ウルトラギガモンスター
  • ミニモンスター
  • スマホデビュープラン
  • 上記以外の旧プラン

参照:みんな家族割+|ソフトバンク

つまり、みんな家族割+の割引が受けられるのは「メリハリプラン」などの大容量プラン(50GBプラン)を使う人だけです。

データ通信を使った分だけ料金を支払う「ミニフィットプラン」などは、回線数のカウントには含まれますが、割引自体はされないのでご注意ください。

ソフトバンクの料金プランについて

2020年7月現在、ソフトバンクで申し込める料金プランは主に以下の2種類のみです。

料金プラン 特徴 月額料金
メリハリプラン ひと月50GBまで使えて、動画SNS使い放題の機能がついたプラン。
また、ひと月のデータ利用量が2GB以下だと1,500円の割引が適用される。
※動画SNS使い放題:YouTube、Twitter、Instagram、Facebook、TikTokなど
7,480円
ミニフィットプラン ひと月に使ったデータ容量の分で月額料金が変わる料金プラン。
最大5GBまで使えるが動画SNS使い放題の対象外。
〜1GB:3,980円
1GB〜2GB:5,480円
2GB〜5GB:7,480円

※上記以外では、かんたんスマホ用の「スマホデビュープラン」が選べます
参照:料金プラン|ソフトバンク

ミニフィットプランは使ったデータ容量に応じて月額料金が変わりますが、2GB以上使ってしまうとメリハリプランと同じ金額になってしまいます。

また、メリハリプランは「みんな家族割+」の割引対象となっているので、家族内に4人以上ソフトバンクを使っている人がいるならメリハリプランの方がスマホ代を節約できます。

目安としては、ひと月のデータ通信量が1GB未満なら「ミニフィットプラン」、それ以上なら「メリハリプラン」を選ぶのがおすすめです。

なお、すでにソフトバンクを使っている人は、料金プランの変更手続きをしない限りは従来の料金プラン(ウルトラギガモンスター+やミニモンスターなど)がそのまま使えます。

これから新しくソフトバンクを申し込む場合は、上記のどちらかの料金プランしか選べないので覚えておいてください。

ソフトバンクの「家族」には同居中の恋人やシェアハウスの知人も含まれる

「みんな家族割+」を使うためには、ソフトバンクが定義する「家族」の人同士で家族割引のグループを作る必要があります。

ソフトバンクでは、同じ住所で暮らす家族はもちろんのこと、以下に該当する人も「家族」に含まれます。

・ソフトバンクの定義する「家族」の範囲
・同居している家族、親戚:同住所が確認できる本人確認書類が必要
・離れて暮らす家族、親戚:本人確認書類に加えて、家族であることが分かる戸籍謄本や住民票記載事項証明書のいずれかが必要
・同居する恋人や友人、シェアハウスなどの仲間:同住所が確認できる本人確認書類が必要

参照:みんな家族割+|ソフトバンク

他社でも家族割引サービスはありますが、ドコモは3親等以内の人同士でなければ割引が適用されず、auの場合は同一住所で対象プランを利用する血縁関係のある家族のみが対象となっています。

ソフトバンクの定義する「家族」の範囲は非常に広いので、他社に比べると家族割を適用しやすいことが特徴です。

みんな家族割+は「おうち割 光セット」との併用ができる

「みんな家族割+」は、他の割引サービスとの併用が可能です。

その中でも大きな割引となるのが、固定回線とソフトバンクスマホとの組み合わせで適用される「おうち割 光セット」です。

「おうち割 光セット」は、特定のネット回線とソフトバンクスマホをセットで使うことで、毎月のスマホ代が最大1,000円も割引されるサービスです。

項目 内容
対象固定回線
  • ソフトバンク光+光電話
  • ソフトバンクエアー
  • NURO光+光電話
割引金額
  • メリハリプラン:1,000円
  • ミニフィットプラン:1,000円
  • ウルトラギガモンスター+:1,000円
  • ミニモンスター:1,000円
  • ウルトラギガモンスター:1,000円
  • データ定額50GB/20GB/5GB:1,000円
  • データ定額ミニ2GB/1GB:500円
  • データ定額3Gケータイ:500円

みんな家族割+と「おうち割 光セット」を併用すると、ひと月あたり最大3,000円の割引が受けられるようになります。

「おうち割 光セット」なら、みんな家族割+の割引対象外の「ミニフィットプラン」も割引の対象となるので、固定回線も合わせて使うとスマホ代を節約できることを覚えておきましょう。

みんな家族割+の5つのデメリット

ここまで「みんな家族割+」の概要についてご紹介しました。

家族でまとめてソフトバンクを使えば、1回線あたり最大で2,000円もスマホ代が節約できますが、実はその影に隠れた落とし穴とも呼ぶべき5つのデメリットが存在します。

みんな家族割+の5つのデメリット

  • 1.ミニフィットプラン/ミニモンスターは回線数に含まれるが割引は対象外
  • 2.メリハリプラン/ウルトラギガモンスター+は元々の月額料金が高い
  • 3.データシェアプラスや家族データシェアは割引・回線数のカウント対象外
  • 4.ドコモとauに比べると割引対象プランが少ないせいで月額料金が割高になる
  • 5.割引後の月額料金よりも格安SIMの方が毎月のスマホ代を節約できる

これら5つのデメリットを知らないままにソフトバンクを使ってしまうと、毎月のスマホ代を節約するどころか逆に高額な料金を支払うことになりかねません。

この章で「みんな家族割+」の注意点をしっかりと確認してから、お申し込みをご検討ください。

1.ミニフィットプラン/ミニモンスターは回線数に含まれるが割引は対象外

概要の説明でもご紹介したとおり、「ミニフィットプラン」や「ミニモンスター」などの小容量プランは、回線数には含まれますが割引自体は対象外となります。

たとえば、ミニフィットプランはデータ通信量が1GB未満なら3,980円で利用できますが、家族4人全員をミニフィットプランにしても最大2,000円割引とはなりません。

あくまで、大容量プランの「メリハリプラン/ウルトラギガモンスター+」だけが対象の割引サービスなのでご注意ください。

2.メリハリプラン/ウルトラギガモンスター+は元々の月額料金が高い

「みんな家族割+」の割引対象となる「メリハリプラン/ウルトラギガモンスター+」は、元々の月額料金が非常に高いことが特徴です。

ソフトバンクの料金プラン(割引適用前の基本料金)
メリハリプラン:7,480円
ウルトラギガモンスター+:7,480円
ミニフィットプラン:3,980円〜
ミニモンスター:3,980円〜

このように、ミニフィットプランやミニモンスターの1.8〜1.9倍の価格設定となっています。

そのため、ソフトバンクを最安値で使いたい場合は、元々の料金が高いプランしか割引されない「みんな家族割+」を使わない方が良いケースもあります。

たとえば、ソフトバンクのメリハリプランで「みんな家族割+」を適用した場合とミニフィットプランを使う場合とで比較した料金シミュレーションを見てみましょう。

料金シミュレーション ミニフィットプラン メリハリプラン
通常料金/1回線 2回線 3回線 4回線
基本料金 3,980円〜 7,480円 7,480円 7,480円 7,480円
みんな家族割+ 0円 0円 -500円 -1,500円 -2,000円
その他割引
  • 半年おトク割:-1,000円×6か月間
  • おうち割 光セット:-1,000円
  • データ利用量が2GB以下:-1,500円
合計金額 1,980円〜 5,480円〜 4,980円〜 3,980円〜 3,480円〜

このように、最安値でソフトバンクを使う場合は「ミニフィットプラン」に申し込んだ方が良い計算となります。

当然、ミニフィットプランを使う場合でも1か月のデータ通信量を1GB未満にする必要があるなど条件が厳しい点にはご注意ください。

3.データシェアプラスや家族データシェアは割引・回線数のカウント対象外

ソフトバンクには「データシェアプラス」や「家族データシェア」といった1回線のデータ容量を複数回線で共有できる料金プランがあります。

ただし、データシェアプラスや家族データシェアの回線では、みんな家族割+の割引とカウント数の対象外となってしまうので注意が必要です。

なお、データシェアプラスはスマホ同士ではデータ容量のシェアができず、家族データシェアはメリハリプラン/ミニフィットプランでは受付を行っていないので特段気にする必要はありません。

4.ドコモとauに比べると割引対象プランが少ないせいで月額料金が割高になる

ソフトバンクの家族割引サービスは、ドコモやauに比べると割引の対象プランが少ないことが特徴です。

そのため、スマホを最安値で使いたい場合にソフトバンクを選ぶと、他社に比べて月額料金が割高になってしまう恐れがあります。

たとえば、各キャリアの料金プランと家族割引を使う場合の料金シミュレーションを見てみましょう。

キャリア ソフトバンク ドコモ au
料金プラン メリハリプラン ミニフィットプラン ギガホ ギガライト データMAX 4G LTE ピタットプラン 4G LTE
基本料金 7,480円 3,980円〜 6,980円 2,980円〜 7,480円 2,980円〜
家族割引 最大-2,000円
(4回線以上)
0円 最大-1,000円
(3回線以上)
最大-1,000円
(3回線以上)
最大-2,020円
(4回線以上)
最大-1,000円
(3回線以上)
その他割引
  • 半年おトク割:-1,000円×6か月間
  • おうち割 光セット:-1,000円
  • データ利用量が2GB以下:-1,500円
  • ギガホ割:-1,000円×6か月間
  • ドコモ光セット割:-1,000円
  • ドコモ光セット割:最大-1,000円
  • スマホ応援割Ⅱ:-1,000円×6か月間
  • auスマートバリュー:-1,000円
  • auスマートバリュー:最大-500円
最安値金額 3,480円〜 1,980円〜 3.980円〜 1,980円〜 3,460円〜 1,980円〜

各キャリアの料金シミュレーションを比較すると、大容量プランと小容量プランとでそれぞれほぼ同じ金額であることがわかります。

ただし、ソフトバンクの「ミニフィットプラン」だけは家族割引サービスの対象外なので、使い始めてから半年が経過すると他社の小容量プランよりも月額料金が高くなってしまいます。

そのため、家族内でのキャリアの回線数にもよりますが、毎月のスマホ代をとにかく安く使いたい場合はソフトバンク以外を選んだ方がトータルの料金は安くなることを覚えておきましょう。

5.割引後の月額料金よりも格安SIMの方が毎月のスマホ代を節約できる

ソフトバンクの「みんな家族割+」は最大で2,000円もスマホ代を節約できるサービスです。

ですが、最大金額の割引を適用してソフトバンクを使い続けるよりも、格安SIMに乗り換えてしまった方が毎月のスマホ代を大幅に節約できます。

たとえば、ソフトバンクの傘下に加わった「LINEモバイル」に乗り換えた場合と「みんな家族割+」を適用したソフトバンクの料金シミュレーションを比較してみましょう。

料金シミュレーション LINEモバイル
3GBプラン
ソフトバンク
メリハリプラン(50GB)
通常料金/1回線 2回線 3回線 4回線
基本料金 1,480円〜 7,480円 7,480円 7,480円 7,480円
家族割引 なし 0円 -500円 -1,500円 -2,000円
その他割引 なし
  • 半年おトク割:-1,000円×6か月間
  • おうち割 光セット:-1,000円
  • データ利用量が2GB以下:-1,500円
合計金額 1,480円〜 5,480円〜 4,980円〜 3,980円〜 3,480円〜

ご覧のとおり、ソフトバンクで家族割引の最大金額を適用した場合でも、LINEモバイルに乗り換えた方が毎月のスマホ代を半分以下に抑えられます。

使えるデータ容量はソフトバンクの方が圧倒的に多いですが、逆にいえば1か月で50GBもの大容量を使わない人にとっては非常に無駄の多いプランともいえます。

どうしてもソフトバンクじゃないといけない理由がある場合を除いて、基本的には格安SIMに乗り換えた方が毎月のスマホ代を節約できるので覚えておいてください。

みんな家族割+でよくある質問

ここまで、ソフトバンクの「みんな家族割+」に関する5つのデメリットをご紹介しました。

最後に「みんな家族割+」について聞かれることが多い「よくある質問」にお答えして終わります。

みんな家族割+でよくある質問

  • みんな家族割+が適用されるのは何回線まで?
  • 1人で複数回線を使う場合もみんな家族割+の割引対象になる?
  • 離婚をした場合は手続きが必要?
  • 請求グループを分けるためにはどうすればいい?
  • みんな家族割+の代表回線を変更するには?

みんな家族割+が適用されるのは何回線まで?

みんな家族割+が適用されるのは、最大で10回線までです。

割引金額は以下のとおりです。

みんな家族割+の割引金額
1回線:0円
2回線:-500円
3回線:-1,500円
4回線〜:-2,000円

5回線以上の場合でも1回線あたりの最大割引金額は2,000円までなのでご注意ください。

1人で複数回線を使う場合もみんな家族割+の割引対象になる?

1人で複数回線を使う場合でも「みんな家族割+」の割引対象となります。

ただし、割引対象の料金プランは月額料金が高めに設定されているので、基本的には格安SIMを利用した方が通信費の節約に繋がります。

離婚をした場合は手続きが必要?

離婚をして契約住所から引っ越しをする場合、契約中のソフトバンク回線の契約者情報を変更しなければなりません。

契約者情報の変更に伴って、以下の条件から外れた場合には「みんな家族割+」の割引が終了となります。

ソフトバンクの定義する「家族」の範囲
同居している家族、親戚:同住所が確認できる本人確認書類が必要
離れて暮らす家族、親戚:本人確認書類に加えて、家族であることが分かる戸籍謄本や住民票記載事項証明書のいずれかが必要
同居する恋人や友人、シェアハウスなどの仲間:同住所が確認できる本人確認書類が必要
参照:みんな家族割+|ソフトバンク

契約者情報の変更手続きは最寄りのソフトバンクショップ、またはMy SoftBankで変更が可能です。

請求グループを分けるためにはどうすればいい?

ソフトバンクの請求グループを分けて、回線ごとに個別支払いをしたい場合は契約者本人が最寄りのソフトバンクショップに来店して手続きを行う必要があります。

ソフトバンクショップで手続きを行う際に必要な持ち物は以下のとおりです。

手続きを行う際に必要な持ち物
本人確認書類:運転免許証、パスポートなど
支払い名義人同意書:代理人が手続きを行う場合
支払い方法の設定に必要なキャッシュカード+金融機関届出印またはクレジットカード

なお、ソフトバンクショップで手続きを行う際は事前に「来店予約」をしておくことをおすすめします。

来店予約は、ソフトバンク公式サイトの店舗検索ページで申し込みが可能です。

みんな家族割+の代表回線を変更するには?

「みんな家族割+」の代表回線を変更するためには、最寄りのソフトバンクショップで手続きを行う必要があります。

代表回線を変更する際には、本人確認書類の提示が必要です。

また、場合によって印鑑が必要となるケースもあるので、事前に来店する予定のソフトバンクショップまでご確認ください。

まとめ

本記事では、ソフトバンクの「みんな家族割+」について解説しました。

「みんな家族割+」は条件を満たせば1回線あたり最大2,000円の割引が適用されるお得な家族割引サービスです。

また、ソフトバンクが定義する「家族」の範囲は、同一住所や離れた場所で暮らす家族はもちろんのこと、同居中の恋人や友人、シェアハウスの仲間など範囲が非常に広いことが特徴です。

ですが、この記事で解説したようにメリットの裏に隠された5つのデメリットがあるので、よく確認してから申し込まなければなりません。

特に「ソフトバンクの小容量プランは家族割引の対象外」「家族割引を適用しても格安SIMの方が安い」といった点は、毎月のスマホ代を節約する意味で非常に大きなポイントといえます。

スマホ代を節約したいのであれば、家族割にこだわらずに料金プランをしっかりと比較して、本当にお得な内容で使えるキャリアでスマホを使うことをご検討ください。