HOME > ケータイ・インターネットの歩き方「入門編」別添「スマートフォン編」 > 保護者向け解説版

ケータイ・インターネットの歩き方1「入門編」
別添「スマートフォン編」~保護者向け解説版~

  1. 1. スマートフォンとは
  2. 2. スマートフォン特有の問題
  3. 3. 最後に

1. スマートフォンとは

「スマートフォン」は、画面の大きい指で操作できる「ケータイ」だと思っている方はいらっしゃいませんか。ケータイが高機能化していく流れの中で登場し、携帯電話会社で販売しているものなので、そう思うのは無理もありません。しかし、実際には、高度なネットワーク接続機能をはじめ、これまでのケータイをはるかに超えるさまざまな機能を兼ね備えており、ケータイというより、むしろ小さな「パソコン」と考えた方がよいでしょう。

スマートフォン(以下、スマホ)は、ケータイにパソコン並の機能を持つ賢い(Smart)電話(Phone)が名前の由来のようで、高性能・多機能な電話を意味します。日本では、iPhoneとAndroid端末に分類され、パソコンに匹敵する性能の基本ソフト(OS)を採用し、タッチ方式のパネルを搭載している機種が大部分です。

パソコン並みに高性能なのに小さくて軽いスマホがあれば、通話やメールは勿論、どこにいても、ホームページ閲覧、スケジュール管理、動画・音楽・電子書籍、SNS、通販などを行うことができ、生活に、仕事に、学習に、遊びに、幅広く活用することができます。また、パソコンと同様に、アプリケーションやソフトウェアをインストールすることで、新たな機能を容易に追加することができ、使い勝手が向上します。

子どもに「スマホを持たせる」ということは、「ケータイを持たせる」ということと同じではないのです。スマホはケータイと同じ売り場で扱われていることが多く、店頭ではケータイより置かれている台数も多いため、どちらを購入しようか悩まれることがあるでしょう。しかし、子どもにスマホを持たせる選択をする場合、価格や通信費の問題だけではなく、スマホ特有の問題に対しても注意を払わなくてはなりません。

そこで、子どもにも、スマホを持たせる場合はまず「ケータイやインターネット」の危険性についてよく理解させることが前提条件となります。その上で、スマホの特有の問題についても理解させてください。(ケータイやインターネットについての詳細は、『ケータイ・インターネットの歩き方1 「入門編」保護者向け解説版』をご参照ください。)

スマートフォンとは

トップに戻る

2. スマートフォン特有の問題

(1) フィルタリング

平成21年4月施行の青少年インターネット環境整備法では、携帯電話会社に18歳未満のユーザーに対するフィルタリングの提供義務を課しています。フィルタリングとは、携帯電話やパソコンから有害サイト閲覧を制限する仕組みです。2012年3月末でのフィルタリング利用率は、12歳以上~15歳未満契約者で74.0%、15歳以上~18歳未満契約者で51.8%となっており(電気通信事業者協会調べ)、多くの家庭で子どもにフィルタリングを利用させていることが分かります。

しかし、スマホによる無線LAN(Wi-Fi)接続は携帯電話会社が提供する電話回線を使わないため、ケータイと同じではフィルタリングが有効に働かない場合がほとんどです。各携帯電話会社では、スマホに関し、無線LANからの接続であってもフィルタリングをかけられる機種やアプリを提供していますので、保護者がこれを利用するなど積極的な対応を行うことが必要です。

また、アプリについては、2012年11月以降、一部の携帯電話会社から特定の機種においてアプリの利用を制限するフィルタリングが提供されています。アプリのフィルタリングや安心・安全に使うための方法については、それぞれお使いの携帯電話会社に問い合わせをして、適切なものを利用しましょう。

(2) ウィルス感染

スマホのシステムはパソコンと同じですから、当然、コンピュータ・ウィルスに感染する危険があります。ウィルスに感染してしまうとスマホが使えなくなるというだけでなく、アドレス帳の内容やメールの履歴、保存されていた写真などのデータが壊されたり勝手に流されたり、あるいはIDやパスワードが盗まれて悪用されてしまったりするなどの被害を受ける可能性があります。第三者によってスマホが「乗っ取られる」結果、犯罪に利用される事態まで発生し得るのです。

利用者が気づかないうちに侵入してくるウィルスの感染被害に遭わないために、次のことを実行させましょう(自分でできないうちは、スマホを与えるにはまだ早いと考えるのが賢明です。)

特に、スマホのアプリについては、個人情報を無断で外部に発信するなどの問題が起こっているほか、アプリを使った通信には従来のフィルタリングが機能しないので、子どもの利用するアプリは信頼できるものなのか、きちんと注意を払うようにしてください。

・セキュリティ対策ソフトを導入させる
・パターンファイル(ウィルスを定義するファイル)を常に最新の状態にさせる
・送信者に心当たりがないメール(含:添付ファイル)は開かずに削除させる
・怪しげなWebサイトやコンテンツにアクセスさせない、利用させない
・アプリケーションは信頼できるものだけを利用させる

(3) 情報やデータを守る

スマホは、小さくて軽いのでどこにでも気軽に持ち運べます。しかし、紛失や盗難にあえば、インターネットにつなげたパソコンと同様に、大量の個人情報が流出してしまう危険性があります。また、スマホの場合、スマホに入らない情報をネット上のデータベースにおいてスマホの中にあるのと同様に使うことができますがスマホの紛失や盗難の場合、ネット上のデータベース内から大量の情報が流出する危険性もあります。個人情報を漏洩してしまうと、自分が被害を受けるだけでなく、友だちや家族など様々な人に迷惑をかけてしまうかもしれません。また、通話やデータ通信、ショッピング等に利用されてしまったら、その費用は盗難された人(保護者)に請求されてしまいます。

そのような事態に子どもが巻き込まれないように、スマホには必ずパスワードなどのロックをかけるようにさせましょう。その他、メールやアドレス帳、データフォルダーなどにロックをかけるサービスやアプリもありますので、これらもうまく使ってください。また、紛失したときには、携帯電話会社に連絡して回線を止めてロックをしてもらうことも可能です。

(4) 情報発信

スマホがあれば、いつでもツイッターやブログ、SNSなどにつながります。友だちだけでなく実際には会ったことのない人とも、楽しく情報交換をすることができます。しかし、なかには悪意を持って接してくる人もいます。不用意な書き込みをしたために、誹謗中傷に晒されたり、脅迫を受けたりするような事件も起こっています。

ですから、名前、学校名、住所、メールアドレス、自画写真などの個人情報を書き込まないように注意させてください。本人は友達しか見ないと思っていても、ネットの情報は世界中の誰からでも閲覧可能です。未成年が飲酒・喫煙をしたことなどを書いてしまい、炎上することもよくありますが、これは、ネット上の書き込みが世界につながる意識が足りないことが原因です。一度ネットに流出した個人情報は、取り返せませんし、半永久的にネット上に残ってしまいます。また、バラバラに載せてある情報であっても、情報の断片をかき集めて個人を特定することも可能ですので、友人関係、自分の行動の公開などにも注意させることが必要です。(詳しくは、ケータイ・インターネットの歩き方5「情報発信の仕方編」をご覧ください。)

(5) 依存

ケータイ依存やネット依存という言葉を聞いたことはありませんか。ケータイやパソコンが手元にないとひどく不安になったり、四六時中、インターネットやゲームなどに没頭しすぎて自分では歯止めがきかなくなったりする状態をいいます。寝ないでネットゲームをしたために学校を休んだり、ネット以外での対面のコミュニケーションがとれなくなったりして、日常生活に支障をきたす例も見られます。また、ゲームのクエスト達成やアイテム収集のために有料サービスを利用しすぎて、大変高額な請求が来てしまうケースも発生しています。

スマホは、ケータイとパソコンの両方の機能が使えるため、子どもが上手に活用すれば、生活や学習に役立てることができます。しかし、スマホを優先しすぎるあまり、逆にスマホに支配されてしまわないように、次のことに気をつけてさせてください。家族で話し合って、「約束」を決めておくことも効果的です。

・家族、友だち、先生などとの、リアルなコミュニケーションを大切にさせる
・食事、宿題、登下校など、自分のやるべきことを優先させ、スマホはその次に
・使っていないときは手から離させる(例:食事中・入浴中は部屋に置いておく)
・怪しげなWebサイトやコンテンツにアクセスさせない、利用させない
・使わない時間帯を決めさせる(例:勉強中・就寝中は電源を切る)

トップに戻る

3. 最後に

今の子どもたちは、デジタルネイティブとも呼ばれ、生まれながらにしてケータイやパソコン、インターネットのある生活環境の中で育ってきた世代です。すでに、多くの子どもたちはその利便性を生活や学習で大変有効に活かしています。更に、スマホが出現したことにより、それらの機能を、いつでも、どこででも利用しやすい環境が実現しました。

これから子どもたちが生きていく社会では、情報収集やコミュニケーションや表現の手段として、情報機器を上手に活用できる力がますます求められていくでしょう。その力を育むためにスマホのような新しい情報機器を買い与えるのは悪いことではありませんが、安易に買い与えるだけでは思わぬ落とし穴にはまってしまいかねません。子どもたちが、情報機器をよりよい方向に利活用していくには、子どもたち自身にリスクの部分もしっかり理解させていくことが大切です。そのためにも、大人は、子どもたちの安全な利用をサポートしてあげられる知識を身につけなければならないのです。また、事前に注意をしたことで安心せず、常に子どもたちの情報機器利用の状況を見守り、確認し、会話をするといった作業も必要でしょう。

子どもたちの安全を守ると共に、将来に向けて必要な力をつけていくために私たち大人がすべき役割について、いっしょに考え、取り組んでいきましょう。

トップに戻る