HOME > ケータイ・インターネットの歩き方「入門編」 > 保護者向け解説版

ケータイ・インターネットの歩き方1「入門編」~保護者向け解説版~

  1. 1. ケータイ・インターネットとは
  2. 2. 情報発信者として知っておきたいこと
  3. 3. ケータイ利用のためのルールと環境づくりを
  4. 4. サービスを利用する前に確認・理解すべきこと
  5. 5. 不安を感じたら、信頼できる身近な大人や相談窓口に
  6. 6. 最後に

1. ケータイ・インターネットとは

みなさんの中に、ケータイからアクセスするインターネット(以下ケータイ・インターネット)とパソコンからアクセスするインターネットとは“違うもの”だと思っている方はいらっしゃいませんか? 操作方法やデザインの見え方などが違うので無理もありませんが、実際には同じインターネット上にある情報を「ケータイの小さな画面」から覗いているか、「パソコンの大きな画面」で見ているかが違うだけで全く同じインターネット。ケータイ専用のサービスやコンテンツであっても、同じネットワークを利用しているのです。ケータイ・インターネットを理解するためには、まず、携帯電話が単なる電話機の領域を超えて“完全なインターネット端末”として利用されているという「日本独自のインターネット環境」に注目する必要があります。

ここ数年、「ケータイ」というカタカナ表記が定着しています。その理由が、「メールもネットもでき、カメラや音楽プレイヤーやテレビなどの機能も兼ね備えたハンディーサイズの便利な道具になったから」だということはご承知のとおり。通話以外にもさまざまな使い道をもつ機器を意味する「ケータイ」という概念は、すでに子どもたちを含む多くの利用者に浸透しているのです。

ですから、「子どもたちにケータイを持たせること」=「個々に専用のインターネット端末を持たせること」になります。いつでもどこでも気軽にアクセスできるケータイ・インターネットはとても便利ですが、個々の手の中で操作できてしまうだけに、パソコンと共通するインターネット利用の注意点に加え、ケータイ特有の問題に対しても注意を払わなくてはなりません。

最近はスマートフォン(スマホ)と呼ばれる新たな端末機器が急速に普及してきました。見た目はケータイのようですが、実際にはより高度な機能を持っており、小さなパソコンと考えた方がよいでしょう。ネットワークへの接続が容易になり、インターネット上のさまざまなサービスや音楽や動画などの利用が簡単に行えます。また、アプリケーションをインストールすることで、さらにできることが増え使い勝手も向上します。しかし、高性能・高機能になった反面、従来のケータイ以上に危険も増えています。CMも販売店の店頭もスマホばかりだし、子どもも欲しがるし‥‥と安易に考えず、スマホの問題点を熟知しておく必要があります。(詳しくは、ケータイ・インターネットの歩き方1 「入門編」別添「スマートフォン編」保護者向け解説版をご覧ください。)

子どもにケータイやスマホを持たせていなくても、携帯電話用アクセス制限が有効ではないゲーム機などの機器からもインターネット接続は普通にできます。地デジのテレビ、携帯型音楽プレイヤーほか、家電からもインターネット接続が可能となり、デジタル教科書の全小中学生への配布も検討されているという時代の流れを考えると、身近にいる大人としてインターネット全体の進化や本質への理解も深めたいところです。

現代の子どもたちは、めまぐるしく変化する情報化社会の真っただ中に生きており、何年か先にはその社会の中で情報を活用しながら仕事をしていく人たち。私たち大人は、彼らの未来を考え「何が今、必要なのか」を想像しながら導いてあげなければなりません。

ケータイ・インターネットで世界に広がる可能性

日本のケータイがパソコンと同じインターネット環境に接続できるようになったのはiモードサービスが始まった1999年、すでに10年が過ぎました。今や、日本のケータイ・インターネット環境は世界でもっとも進んでいるといっても大袈裟ではありません。ケータイ用のサービスやコンテンツが充実していたり、インターネットに接続してパソコンと同様に情報収集ができたり、パソコンや異なる携帯電話会社のケータイとも自由にメールのやり取りができたりすることは、海外では“当たり前”ではないのです。それは、欧米では、ショートメールサービス(SMS:同じ携帯電話会社同士のみで利用できるメールサービス)が主流なことからもわかります。

ケータイ・インターネット利用に関するトラブルや問題が後を絶たないのは、インターネット端末として利用するという現状があるにもかかわらず、単なる移動電話機の感覚で「いつでも連絡が取れる」と子どもたちに持たせる家庭が多いからなのです。

ケータイ・インターネットで利用できるサイトは、携帯電話会社が管理する公式サイトと、多くの一般サイトとに分類されます。公式サイトとは「iモード」「EZweb」「Y!」などの携帯電話会社提供メニューから直接利用ができるサイトです。

審査で厳選され、携帯電話会社が管理している比較的安全なサイトが公式サイトであるのに対し、それ以外のサイトは全て一般サイトとなります。「勝手サイト」とも呼ばれる一般サイトは、パソコンのインターネット環境そのもので大変広範囲にわたるため、優良なサイト、楽しいサイト、ためになるサイトも多数ある代わりに、残念ながら、悪質なサイトや、違法・有害情報を含むサイトもあります。この一般サイトと公式サイトの違いは、ケータイフィルタリングを理解する際に必要な定義となりますので、覚えておいてくださいね。

いい人も悪い人も、みんなが見ているケータイ・インターネット

パソコンと同じインターネットの利用が自由にできる日本のケータイ・インターネットですから、情報発信の対象は世界中となります。ケータイ・インターネットを利用して自分のホームページやブログやプロフを持ったとしら、そこへのアクセスは世界中から可能なのです。言い換えれば、ケータイ1つで世界とつながることができるということになります。このことで私たちは、ネットのなかった時代には考えられないような大きな可能性と、今まで起こるはずもなかった新たな危険性を同時に得ることとなりました。

たとえばe-メール(他社ケータイやパソコンともやり取りができるメール)。パソコンでもケータイでも送受信でき、文字数の制限もなく様々な情報を送ることができます。e-メールはインターネット環境とつながっているので、メールに書かれたURLをクリックすればそのままインターネットネットのネットワークに飛んでいきます。迷惑メールだと気づかず記載されているURLをクリックしてしまうと、出会い系サイトや詐欺サイトなどへ簡単に誘導されてしまいます。まるで、自宅の部屋にいながら扉を開けたら歌舞伎町に、また窓を開けたらニューヨークのハーレムに行けてしまうような感じです。お子さんのケータイはこういった環境にあるということをイメージしてみてください。ちょっぴり怖くなりませんか?

その代わり、世界中の人とコミュニケーションが取れ、多くの人に自分の考えや創作活動を発表できる場を得ました。子どもたちの可能性は飛躍的に大きくなったのです。

年齢・性別・国籍という隔たりのない様々な人たちとの有効なコミュニケーションは、子どもたちの将来に役立つ広い視野や情報を提供してくれるでしょう。でも、意図せぬ悪い人たちからのアクセスも可能にしてしまいます。そういった「メリット」と「リスク」の両方をよく理解した上で、子どもたちへの教育や、フィルタリングの選択など、インターネットの利用環境を整えてあげなければ意味がありません。

2009年4月1日から「青少年が安全に安心してインターネットを利用できる環境の整備等に関する法律(青少年インターネット環境整備法)」が施行されています。携帯電話に関する項目として、保護者には「フィルタリングを成長に合わせて選択するなど、18歳未満の子どもが適切にインターネットを利用できる環境づくりへの責務」や「18歳未満の子どもが利用する携帯電話やPHSを購入する場合は事業者に申し出る義務」が課せられています。また、事業者には「フィルタリングを搭載すること」、サービス提供者には「違法情報の閲覧防止の努力義務」などが課せられています。

【参照】
http://www.gov-online.go.jp/useful/article/200903/1.html

便利で楽しいけれど危険もたくさん!

カメラ、テレビ、位置情報、インターネット接続がほか、使い切れないほどたくさんの機能がある日本のケータイは、小さいながらも超高性能で大変便利です。小説も読めるし、動画もみることができ、音楽も楽しめます。

でも、大切な個人情報を瞬時に世界中にばらまいてしまう危険性もあるのです。子どもたちは、友だち宛のメールに写真を添付するような感覚でサイトに写真を掲載する傾向があります。インターネット上のプロフやブログには可愛い写真がたくさんあり、その写真とともに名前や「今どこで何をしているか」が書かれていることもあるため、当人を捜し当てることも、実際に会いに行くこともできてしまいます。

「自分が誰であるか」「何をしているか」という情報を掲載してしまうと、その情報を目にした悪意を持つ人たちに危険な目にあわされる可能性が生じるということを、電話番号やメールアドレスも教えてしまえば、直接コンタクトが取れるようになって保護者の知らないコミュニケーションが発生し、助けてあげられない深刻な状態へと発展してしまうかもしれないということを、子どもも保護者も今一度きちんと意識しなければなりません。ケータイを持たせるのであれば、家庭で、学校で、こういったさまざまなことが話し合える環境をつくり、子どもと向き合っていっしょに考えていくことがものすごく大切になってくるのです。

トップに戻る

2. 情報発信者として知っておきたいこと

「携帯=電話」を連想する大人とは違い、「ケータイ=電話」と捉えている子どもはあまりいません。子どもたちにとっての携帯電話は、電話もできる「ケータイ端末」であって、利用の中心はメールです。中には、「メールがかかってくる」と言う子もいます。

電話やメールという1対1のパーソナルなやりとりの感覚の延長で、つい、閉じられた環境だと錯覚してしまいがちですが、ケータイはインターネットに接続した途端、開かれた公の環境となること、情報を広く発信するメディアとなることを忘れてはいけません。ケータイのサイトに何かを書きこめば、新聞や雑誌に投稿したり、テレビでしゃべったりするのと同じように、誰にでも見られる可能性があるのです。そのため、情報発信をするのなら、たとえ小さなケータイからであっても公序良俗に反しないように配慮できる力が不可欠となってきます

コメントを書いただけでも、情報発信になる?

掲示板や日記へのコメントのように、インターネット上には自由にコメントが書き込めるサイトがたくさんあります。ですから、ブログやプロフといったホームページをやっていない子でも、コミュニティサイトなどに登録をしていない子でも、誰もが情報発信者になれるのです。

友だちが作っているサイトのゲストブックに「見に来たよ~」と書き込むことも、大好きなアイドルやキャラクターのファンサイトに「自分も○○が大好き☆」とコメントすることも、全て情報発信です。たとえ、パスワードを入力しなければ参加できないような“限られた人しか読めないサイト”であっても、直接知らない人が参加して読んでいる可能性がないとは言い切れません。管理者の知り合いが、そのまた知り合いにパスワードを教えることもできるということに気がつけば、知らない人に情報が公開されるかもしれないということがおのずと分かるはず。電話やメールを除くケータイからの発信は全て公開されるものと考えても、決して大げさではないのです。

インターネット上では誰もが情報発信者になりうるのだということを、まずは保護者のみなさんがしっかりと認識してください。そして、そのことをちゃんと理解できるように子どもたちに伝えてあげましょう。

自分で発信した情報の責任は自分にある

インターネットを利用するかしないかは個人の自由ですが、利用の責任は利用者当人にあります。すべては自己責任ということです。青少年(18歳未満)の場合は、利用者に十分な判断能力があるとは言えず、保護者が判断しなければなりません。ケータイ購入時の契約書に保護者のサイン欄があるのも、そのためです。

テレビ、新聞、雑誌などのマスメディアは、プロの人たちが仕事として倫理と責任を持って情報を発信していますが、インターネットは誰もが気軽に発信できます。ところが、インターネットも代表的なマスメディアの1つとなった今、個々人がインターネットで発言する際にも同じような責任が求められるようになりました。情報発信者に、ある程度の良識や知識や状況判断が必要になってきているのはそのためです。

インターネット上に公開されているページはいずれも多くの人の目にさらされていて、それは何の特徴もない単なる個人ページであっても変わりません。検索サイトの機能が日々向上しているため、学校名・名前・愛称・生年月日ほか、個人情報で検索すれば個人のプロフやブログを比較的簡単に見つけることもできますし、いくつかの検索ワードにたまたまヒットするページであれば、普段なら埋もれている小さな小さな個人サイトのたった1ページであっても、見ず知らずの大勢の人が読みにくる可能性が生じます。ですから、インターネット上での「独り言」や「内緒話」は成立しないだけではなく、「勝手な妄想」や「作り話」が伝言ゲームのように尾ひれがついて広まってしまい、取り返しのつかないことになってしまうことだってありうるのです。

保護者はこういったことを考慮し、パブリックな文章が書けること、メディアとしてのインターネットの特性を理解できていること、この2条件が整って初めてインターネット上で発言できるのだということを子どもたちに教えてあげてください。そして、子どもたちそれぞれの能力に合わせて、フィルタリングのレベルとインターネット利用の範囲を調整してあげましょう。

一度公開した情報を「なかったこと」にはできません

インターネットに写真を掲載するのも書き込みをするのも、簡単にできる時代ですが、インターネット上の情報をコピーするのも簡単にできるということを忘れてはいけません。

写真を含む個人情報のたぐいは、興味を持つ人たちにコピーされればあっという間に広まります。たくさんの別々のサイトに掲載されてしまうようになったら、コピーがコピーを呼び、削除依頼をしても全く追いつきません。中にはコピーした顔写真を利用し、その子になりすまして勝手にホームページを作る人もいて、それがいじめの道具に使われてしまうようなことも起きています。

現在のケータイは、写真も動画も簡単に撮影できます。インターネットにも繋がるので、それらを簡単にサイトに掲載することもできます。インターネットに公開されたものは、簡単にコピーでき、簡単に転載することもできます。コピーした情報は、メールで転送することも簡単にできます。こう考えれば、大切な個人情報を安易に掲載することがどれだけ危険なことか、よくわかるはずです。インターネットはマスメディアだから一度流れた情報は取り戻せないということを十分理解したうえで気をつけて利用しているかどうか、子どもたちとよく話し合うことをお薦めします。

被害者だけではなく加害者にもしない

保護者のみなさんは、子どもたちがインターネットでトラブルに巻き込まれたり、危ない目にあったりしないよう、いろいろと注意をされていると思います。でも、わが子が加害者側になる可能性もあるとはあまり考えないでしょう。でも、子どもたちが厳重注意を受けたり、実際に検挙されたりする例は後をたちません。

大人の真似をしてインターネットの掲示板に犯行予告を書き込んだために、補導・書類送検された小中学生は何人もいます。また、掲示板で見かけたIDとパスワードで他人の運営するサイトの管理画面に入ったいたずらが、数年経って忘れた頃に不正アクセスで捜査対象となり、保護者だけではなく本人もびっくり!といった事例もあります。犯罪予告や不正アクセスのような大ごとではなくても、個人を特定できる情報と共に安易に悪口を書いて訴えられるというケースも多々ありますから、インターネット上で情報発信をする誰もが加害者となる可能性を秘めていると考えて気をつけさせなければなりません。

インターネット上の書き込みは、それぞれのサービス事業者の元にデータとして記録されています。子どもたちはそういった事実を知らないままに使っているため、通信が記録されているとは考えず、匿名であれば誰が書き込んだか分からないはずだとたかをくくっています。でも、きちんとした調査が必要な場合、今の技術であればアクセスした人や機器はほぼ特定できます。とくにケータイは人と機器がペアになっていますから、より特定しやすいのです。子どもたちの行動は、この事実を伝えるだけでも変わるはず。保護者として子どもを被害から守ることは当然ですが、同時に加害者・犯罪者にならないための知識や情報を与えてあげることも、重要な役割だと考えていきましょう。子どもだからといって、「いたずらでした、ごめんなさい」では済まされないのですから。

トップに戻る

3. ケータイ利用のためのルールと環境づくりを

さまざまな具体例をとおして、ケータイ・インターネットの「メリット」と「リスク」を理解していただけたでしょうか? それでは、いよいよ、家庭での取り組みの基本「ルールづくり」についてです。

子どもたちにケータイを持たせるのであれば、購入の前に「何のためにケータイを利用するのか」をじっくり話し合い、「そのためにどのようなルールが必要か」を考え、ルールを守りながら使うという約束をさせることがとても大事です。

その際、口約束で終わらせず、子どもたちといっしょに考えて“宣言”として書いてもらうのが有効です。ケータイを手に入れるまでは一生懸命な子どもたちも、手にいれてしまえば夢中になって約束は忘れられがち。リビングや部屋に“宣言”を貼っておけば、常に目に付くので気に留めざるをえず、「うっかり忘れてた」もなくなるでしょう。

※子どもと話し合う際に検討したい項目をあげみました。ぜひ、参考にしてみてください。
(小学生のお子さんには最低限必要なルールになっています)

※安心ネットづくり促進協議会の「ケータイ家族もばみ」 http://mobami.good-net.jp/ には「ルールづくりナビ」があります。画面のナビゲーションを見ながらルールをつくりたい方はご利用ください。

また、子どもたちには「ルールを守って使う」という習慣をつけたいのですから、実際の使い方に合わない内容では意味がありません。成長や情況に応じて、ちゃんと見直してあげるよう心がけましょう。見直しの際には話し合いが不可欠ですから、子どもたちの使い方を知るいい機会にもなりますよ。

なお、学齢が上がるにつれて見直しの必要度が増してくる「フィルタリング」の設定についてですが、フィルタリングはONとOFFの二者択一ではありません。フィルタリングをどう選ぶか、いつどのようにしてフィルタリングのレベルを変えていくかは、保護者の判断こそが鍵。子どもに「外してほしい」と言われたらいきなりOFFにするのではなく、使い方や「そこにアクセスできないと何にどう困るのか」をちゃんと聞き、親身になって考えてあげましょう。細かい設定方法ついては各社のサービス内容を調べ、分からないときにはケータイショップやサポートセンターなどで確認してください。

トップに戻る

4. サービスを利用する前に確認・理解すべきこと

私たちがインターネットで利用するさまざまなサービスには、サービスを受ける前に承認すべきものとして規定されているルール「利用規約」が必ずあることはご存知のとおりですが、みなさんはきちんと読まれていますか?

ケータイ・インターネットにも利用規約がありますが、きちんと読む子はとても少なく、内容の確認もせず無意識に「同意します」にチェックをして進めてしまいがち。ところが、個人情報を扱う関係上保護者の同意を必要とするケースなどもあり、保護者が同意したことになっていると大変です。子どもたちには、利用規約にきちんと目を通すことと、保護者の同意が必要なら必ず相談することを約束させてください。

また、利用規約などがちゃんとしているかどうかは、サービスや運営体制の良し悪しにも通じるので、多少面倒でも保護者として、子どもがよく利用するサイトの規約や禁止事項などを確認されると安心です。有料サービスがある場合は、料金体系や金額上限などもチェックされるといいでしょう。子どもが無料だと勘違いしていて利用金額がかさんでしまった‥‥というようなこともなくなります。

各サービスの中で守らなければならないこと

どんな利用規約でも法律に触れることはすべて禁止ですが、インターネット上のサービスが多種多様なように利用規約もまちまちです。削除やユーザー対応といった一般的なルールも微妙に違っていますから、それぞれのサービスの利用規約やガイドラインをしっかり読んでよく理解することはインターネット利用の基本。違反が度重なると利用できなくなる場合もありますから、ルールや注意事項を守りながら正しい利用を心がけさせましょう。

絶対にしてはいけないこと

インターネットでも現実社会でもしてはいけないことは基本的にいっしょ、インターネット上だから許されるということはありません。また、インターネット上にうっかり誹謗中傷や迷惑発言の書き込みをしてしまうと情報として残ることが多く、おしゃべりのように時間とともに消えてしまうことはないので、とくに注意が必要です。

トップに戻る

5. 不安を感じたら、信頼できる身近な大人や相談窓口に

「判断に困ったり、危険や不安を感じたりしたときは、行動を起こす前に必ず大人に相談しよう!」と子どもたちに呼びかけています。これは、人生経験が少なく、大人ほどの判断力も備わっていない子どもたちの、誤った判断による大怪我を防ぐためです。

信頼して相談してくれるのは嬉しいけれど、インターネットやケータイに関しては子どもの方がよく知っているし、相談されても用語が分からなかったり、どんなことが起きているのか理解ができなかったりするのではないかと、心配されるかたもいらっしゃるでしょう。でも、彼らより多くのことを経験し、さまざまなことを判断してきた大人だからこそできることは、意外とたくさんあるものです。

相談されたときにはあわてず怒らず(ココがポイント)話を聞き、対象のメールやサイトがあるのであれば落ち着いてじっくり読み、現実で困ったことが起きた時と同じように考えて判断してください。そして、単なる迷惑メールであれば無視することを教え、削除させましょう。緊急を要さない場合は、インターネットの問題に対しての専用窓口もありますので、お子様と一緒に相談窓口を探し、相談してみることをお薦めします。相談するまでもなく、インターネットで検索すると回答が掲載されている場合もありますから、まずは検索してみるといいかもしれませんね。

万が一、悪質な犯罪まがいの詐欺メールであれば国民生活センター(消費者センター)へ、身体や財産に危害が加えられる可能性がある場合は警察へ、電話で連絡をして相談することも必要です。ケータイやインターネットのことが分からなくても、大人ならこういったことへの冷静な判断は可能なはずです。

相談窓口だけではなく、通報窓口もいろいろあります。こちらは、違法・有害情報を見つけた際に情報(URL)提供をすると、内容に応じて削除要請やフィルタリングへの反映といった対応をしてくれるので、子どもたちの目に触れさせない環境づくりに役立ちます。

このように、本来なら削除されるべき、あるいはフィルタリングでアクセスが制限されるべき内容であっても、発見されてしかるべき対応がとられるまでは子どもたちの目に触れる可能性があります。残念ながら、フィルタリングの網の目をかいくぐるサイトをあえて作る悪質な人たちもいます。ですから、どんなに技術が高度になっても、フィルタリングが完璧になることはありません。また、いつまでもフィルタリングに頼っていては、社会に出たときに大怪我や大失敗をしてしまいます。安全で有効な活用ができる大人になるためにも、子どもたちが違法・有害情報に気づく力(判断力)、自ら近づかない力(自制力)、目に触れたときに正しく対処できる力(対応力)、そういった「インターネットリテラシー」を徐々に育てていってあげることがとても重要なのです。

今、ケータイを利用する子どもたちに最も必要なのは、気軽に話し合え、なんでも相談できる家庭でのコミュニケーション環境。できるところから少しずつでいいので、ぜひとも実践してみてください。

専門相談窓口の紹介

違法・有害情報を見つけた場合の通報窓口の紹介

トップに戻る

6. 最後に

インターネットは今までにない可能性をもたらしました。そして、ケータイ・インターネットの出現によって、インターネットがいつでもどこでも利用できるようになり、利便性はさらに広がりました。そのことによって、子どもたちが救われた実例もたくさんあります。それは、インターネットがもともと人と人をつなぐコミュニケーションの道具であり、気持ちや情報を伝える手段だからです。

今の子どもたちは、利用環境さえ整えば、コミュニケーションや表現の手段としてインターネットを上手に活用しながら成長できる力を持っています。よりよい方向に利活用していくためには、子どもたち自身にインターネットの使用により生じるリスクの部分も理解してもらい、対処方法を知ってもらわなければなりません。また大人は、子どもたちの安全な利用をサポートしてあげられる知識を身につけなければなりません。

子どもたちは私たちのさらに先を生きていきます。子どもたちが自ら生きていく力をつけ、新しい世界を作っていけるようにサポートすることが、私たち大人の本当の役割なのだと考え、みんなでいっしょに取り組んでいきましょう。

トップに戻る